〒916-0016 福井県鯖江市神中町2-6-8

自動音声案内音声案内について
お電話でのお問い合わせは0778-51-5000
お問い合わせフォーム

イオンプレーティング

イオンプレーティング(物理蒸着:PVD)とは?

イオンプレーティング(物理蒸着:PVD)とは、チタン合金等による真空中での表面コーティングを行う手法です。「電子銃溶融型イオンプレーティング」、「アーク放電イオンプレーティング」、「マグネトロンスパッタリング」の3方式の設備を保有しており、耐摩耗性皮膜や合金皮膜を容易に加工することができます。密着性に優れ硬質膜の生成が可能なため、擦り傷や摩耗剥がれに強く、耐蝕性・耐候性に優れています。加工品は球状から長尺物まで可能で、電気を通さない絶縁物にも実績があります。

【その他の特徴】

  • ほとんどの金属、合金材料の使用が可能
  • 低温での成膜が可能
  • 反応性成膜が可能 

特性と実績

※一つの機能ではなく、複数の機能が要求されるものが多くあります。

耐摩耗性

  • 釣具部品のロッド部分
  • 金色パチンコ玉
  • デジタル家電ボディ
  • ライターケース
  • 包丁

安全性

  • 水栓部品(腐食時のケガ防止)
  • 医療器具(色による識別)

装飾性

  • ノベルティ用工具
  • エレベーター部品(ボタン等)
  • ゴルフヘッド
  • カーボンシャフト(金属外観)

※各種樹脂にも対応しています。また、眼鏡事業が製造するメガネ「SPECIALEYES(スペシャライズ)」にも使用しています。

対応サイズ・仕様

皮膜の種類 電子銃溶融型
イオンプレーティング
マグネトロン
スパッタリング
アーク放電
イオンプレーティング
色相
Ti シルバー
TiN ゴールド
TiCN グレー・ブラウン
TiC グレー
Au ゴールド
Cr シルバー
CrN シルバー~グレー
TiAl シルバー
TiAlN ダークバイオレット
TiO2 干渉色(ブルー)
Ag合金 銀色
真鍮 真鍮色
Cu 銅色
備考 
(加工可能サイズ)
φ160×250L 720W×600L×30T
160W×300L×30T
φ200×900L  

 

皮膜の種類とその特性

皮膜の種類 TiN TiC TiCN TiAlN
硬さ(Hv) 1800 3000 2600 2000
膜厚(μm) 0.1~1.0 0.1~1.0 0.1~1.0 0.1~1.0
摩擦係数 0.45 0.25 0.35 0.5
色相 ゴールド グレー グレー・ブラウン ダークバイオレット
用途 耐摩耗性 耐摩耗性・耐熱性 耐摩耗性・耐熱性 耐摩耗性・耐食性

 

品質基準例(参考)…顧客基準による

用途 評価方法 基準
1.メッキの密着性 70℃、1hr →常温、30min → -20℃、1hr → 常温、30min、3サイクル 剥離など異常のないこと
2.塗膜の密着性 1mm碁盤目テープテスト 100/100
3.耐食性 中性塩水噴霧24hr後、外観確認、テープテスト レイティングNo.9以上
4.耐熱サイクル性 (60℃ → -20℃、2hr、3サイクル)後碁盤目テープ テスト 塗膜に浮き、剥離のないこと
5.耐水性 25℃×24hr→1hr自然乾燥後テープテスト 塗膜に浮き、剥離のないこと
6.塗膜の硬度 鉛筆硬度 2H以上
7.耐薬品性 ①クエン酸10%水溶液 容易にふき取れること、塗膜に浮き、剥離のないこと
②炭酸ナトリウム10%水溶液
③中性洗剤10%水溶液
④塩素系漂白剤10%水溶液
8.耐アルコール性 エタノールふき取り100往復 塗膜に浮き、剥離のないこと
9.耐磨耗性 荷重500g、15000往復、セーム革 下地の露出する塗膜の磨耗がないこと

 

提案・技術事例

TOP